Blog移行しました!!!

バンコク旅行にはコレが便利!タイのSuica【ラビットカード】って知ってる?

バンコク旅行にはコレが便利!タイのSuica【ラビットカード】って知ってる?

みなさんこんちは、旅する美容師miですっ!

 

タイが大好きで大体毎年訪れています♡

今日はバンコクの交通事情のお話。
渋滞が多くタクシーやバスだと時間がいまいち読めないので移動は渋滞の無いBTS・スカイトレイン(電車)を使うことが多いです。でも、みんな渋滞知らずなのを知っているので、夕方のサイアム駅などは改札付近が大渋滞!笑
切符を買うのにかなり並ぶので一苦労です。。。

並ばずに改札を通る方法は1つ!【ラビットカード】を購入することです。

ラビットカードって何?

日本で言うSuicaやPASUMO、ICOCAのような電子系ICカードです。
ラビット・カード – Wikipedia

とっても便利で、BTS以外にも提携店で電子マネーとして使えたり、マクドナルなどのクーポンがもらえたりとお得なカードなのです。チェーンのファーストフード店ではだいたい使えると思います。TESCO LotusやBig Cのスーパーでも使えるのでお金をたくさん持ち歩きたくない時に重宝します。

https://rewards.rabbit.co.th/en

種類と料金

カードは大きく分けて3種類あります。

 

左からオレンジ→大人ミドリ→学生パープル→シニアです。
私たち旅行者はオレンジのカードが多くなるのではないでしょうか?期間限定のデザインなどもあるらしいですが私はまだ見たことがありません。見て見たい。。。

料金は、最初に200バーツ(約700円)必要です。発行料100バーツ+チャージ100バーツです。

【チャージ式】
必要に応じて窓口でチャージします。一駅約16バーツ(約55円)なので自分がどのくらい乗るかを予想しながらチャージすると良いと思います。

【回数券】
たくさん乗るなら回数券の方がお得かもしれないです。有効期限が30日なのでご注意下さい!
15回465バーツ(約1610円)、25回が725バーツ(約2510円)、40回が1,080(約3740円)バーツ、50回が1,300バーツ(約4500円)です。

購入方法

駅の窓口で購入します。

大体ラビットカードの説明があります。
英語やタイ語が話せなくても「ラビットカード」と言えばわかってくれるのでご安心を!

支払いはクレジットカードも使えます。
チャージは100バーツからでき、もし、回数券を買うなら「30 days, 15 times」などと買いたい回数を伝えましょう。

 

クーポンやポイント

クーポンを使ったり、ポイントを貯めるには登録が必要です。Rabbit – Register
フェイスブックのアカウントでも登録できるみたいです。
登録済みのラビットカードは、駅にあるオレンジ色の機械「キャロット・クーポン・キオスク」で様々なサービスを受けることができます。

 

①クーポン・・・同じ内容のクーポンは1日1回までとなりますが、欲しいクーポンが見つかればお得です。

②残高照会・・・読み取り部にカードをかざすと現在の残高が表示されるので使い切って日本に帰りたいときなど調べるのに便利です。

③ポイント・・・BTSに1回乗ると1P貯まり、提携ショップで支払えば、1回の買物ごとに5P貯まります。貯まったポイントは商品と交換するかラビットカードにチャージしたりできるのでホームページやアプリでチェックして見て下さい。

 

Rabbit Reward

  • CARROT REWARDS COMPANY LIMITED
  • Lifestyle
  • Free

play.google.com

まとめ

・バンコクに滞在するなら持つべきカード
・並ばなくて良いのでストレスフリー
・電子マネーとしても使えるのでお財布いらず(安全)
・観光ついでにクーポンもGET!
・1週間以上の滞在で毎日BTSを利用するなら回数券式の方がお得

とっても便利なICカード【ラビットカード】
私はバンコクでは手放せないカードとなっております。BTSの切符の買い間違えも防げるし、手ぶらで出歩きたい時なんかすごく良い!!

チャージさえしていれば加盟の飲食店やファミリーマートでも使えるのでコーヒー飲みたいときなどよく使います。

 

ぜひ、バンコクに行った際は使って見て下さいね♡

Thaiカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!