Blog移行しました!!!

雨でも濡れないブルネイのナイトマーケットを楽しもう!

雨でも濡れないブルネイのナイトマーケットを楽しもう!

こんにちは、miですっ!

あまり日本人に知られていない国「ブルネイ」

行って来ましたー!数日でしたが、満喫出来たのでどんな国だったのか?どんな観光が出来るのか?!などご紹介します。

今回はナイトマーケットの紹介です。

 

初日は夕方に到着したのでホテルの無料送迎サービスを利用して夜にナイトマーケットに連れて行ってもらいました。

 

観光無料送迎サービス付きのホテルの詳細はこちらから!

アレンジ自由な送迎ツアー付き!ブルネイで泊まったホテル【ザ キャピタル レジデンススイート】

ブルネイに行くなら絶対利用するべきサービスです♡

 

ガドン地区にあるナイトマーケットに行って来ました。私が到着した日はあいにくの雨。。。でも、天気が悪くてもご安心を!このナイトマーケットは屋根があり濡れません。タイなどのように外に出ているのではなく建物の中にマーケットがあるので足元が雨や泥で汚れることもないです。

売っているものは食べ物が多いですが、雑貨や子供のおもちゃなどもありました。

ナイトマーケットと言うよりは、フロアがテープで区画されていて何となく日本のフリーマーケット会場に近い感じだと思いました。

 

東南アジアの熱気ムンムンのナイトマーケットを想像して行くとちょっと違うかも?!と温度差を感じます。ブルネイのナイトマーケットはキャッチや呼び込みの人はいなく上品な感じです。

CDもたくさん売っていたけど、これはブルネイポップスなのか、マレーシアポップスなのか?私には良く分かりませんでした。爆音で流れていたけど、うるさくて好みではなかったな。笑

 

そして、気になる屋台の衛生面は。。。

キレイ!!!

まず、ハエがいない。←アジアの屋台においてこれはすごいことです。

そして蓋つきの容器が多い!調理台や品物を並べているテーブルが清潔!スプーンなどが使い回しじゃない!←これも私には結構重要です。

タイやカンボジアなどの屋台でご飯を食べたことがある人は分かると思いますが、ハエが多く食器の使い回し(洗ってあるかよくわからない箸やスプーン)が当たり前の屋台が多いと思います。
ブルネイは衛生面に不安がある人でも大丈夫だと思います!

ご飯の値段も安く1ブルネイドル(約80円)から買えました。

1つ気をつけることはイスラム教徒の国なのでアルコールは売っていません。飲みたいなら事前に日本から持ち込みする事をお勧めします。

少しですがイートインスペースもあるので買った物をその場で食べる事も出来ました!

マレーシアが近く熱帯気候のせいか、ドリアンやランブータンなどのフルーツが激安です。日本で買うと高いので私はこーゆーときに、たくさん買います♡

流石にドリアンは買わなかったけどキロ売りしていたライチを半分にしてもらい購入しました。

融通が利く所が市場やマーケットの良いところ!

観光客はほとんどいなくブルネイの人々が『ご飯を買いに来る場所』と言う印象でした。私もここで夜ごはんを食べました。

夜の22時を過ぎてもたくさんの人(子供や女性も多かった)がいたので1人でも大丈夫だと思います。

ブルネイの治安は他のアジアに比べて格段に良いと思います。ただ、街灯が少なく道が真っ暗な場所が多いので帰り道はタクシーや迎えの車で帰るのが良いと思います。歩いて帰る事はおすすめしません。

もちろん、私も帰りはホテルの無料送迎をお願いして迎えに来てもらいました。

 

もう1つ注意する事は、服装です。

イスラム教徒が多いブルネイでは女性はみなさん髪の毛や肌を隠しています。観光客はそこまでしなくても大丈夫だと思いますが、暑いからといって過度な露出(キャミソール1枚やショートパンツなど)は目立つので避けた方が良いと思います。1枚羽織る物などがあるの良いかもしれません!

 

ブルネイの人の生活が少し垣間見れ、雨が降っても気にせず行けるナイトマーケットに、ぜひ行ってみてくださいね♡

Bruneiカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!