Blog移行しました!!!

チェックがとても厳しいポルトガル出国でした。

チェックがとても厳しいポルトガル出国でした。

こんにちは!旅する美容師miですっ!!

 

今回はポルトガルのリスボンからニューヨークへ行く時の出国審査がとても厳しく大変だった話をしたいと思います。

入国審査について

先ず、ポルトガルの入国はすごくあっさりしていて入国のスタンプはありませんでした。

到着後、バスに乗りarrival exitへ道のりに進み荷物を受け取り終了です。

入国用紙の記入も無かったです。

簡単だったので少し不安でしたが特に問題も無かったです。

なので、出国もそんなに難しくないだろうと思っていたらけっこう大変でした。

私が使った航空会社は【TAP Portugal ポルトガル国営航空】https://www.flytap.com/en-us/

ポルトガルの会社でチケットが安く、ポルトガルでのトランジット(リスボンかポルトどちらか選べます)が5日間まで無料で出来るサービスがある魅力的な航空会社なのです。

乗り心地などのリポートは次回紹介したいと思います!

出国審査について

チェックインカウンターに向かいます。

事前にアプリからオンラインチェックインをしていました。

3時間前に行きましたがカウンターは空いていて荷物を預けることができました。

ここでTAPの係員では無いセキュリティーチェックの人が3人いてチェックインの列に並んでいる時に3人からそれぞれ質問をされました。

パスポートとチケットを見せます。

私が聞かれた質問は、、「どこから来たのか?」
「どこに行くのか?」
「いつ日本に帰るのか?」
「ポルトガルには何しに来たか?」
「日本のどこに住んでるか?」
「NYCの後のルートを教えて」
「日本までのチケットは何で買っていないのか?」
「日本出国から今までのチケット見せて?」
「ESTAはあるか?」などなど。。。

出国審査前でチェックインもまだなのにこんなにも質問されて英語で答えるのが大変でした。恥ずかしいですが多分全然答えられていなかったと思います。

ベルギーの入国審査でも質問責めにあいましたが、多分帰りのチケットが無く片道入国なのも関係ありそうだなーと!

 

3人からの質問後にパスポートの裏にシールを貼られます。ピンクと黄色があり私は黄色でした。←これはまた後で重要になります。

やっとチェックインです。

カウンターでパスポートとチケットを見せ荷物を預けます。ここでは手荷物のチェックは無かったです。でも「VISAを見せて」と言われて日本人はVISAは必要ないと説明するのにひと苦労。。。

その後は手荷物検査です。

ここは特に変わった事などなくスムーズでした。

出国審査も割とすぐ終わり、住んでいる場所を聞かれたくらい。とてもフレンドリーな審査官でした。

 

搭乗前に再チェックを受ける

さて、問題はここから。

私はいつものようにラウンジでゆっくりしていたので出発30分前にゲートに着きました。これでも遅くはないと思います。

搭乗口でパスポートとチケットを見せると「隣でチェック受けて」と言われました。

 

隣に行くと荷物の中を全部出されて、手の指紋(指だけじゃなく全体)を取られ出来る限りの洋服を脱いで靴を脱いでボディーチェックを受けました。かなり際どいところまでさわって調べられました。

 

出発30分前でバス移動だったのでかなり焦りました。さっき手荷物検査やったのにここに来てまたやるの??

出された荷物をしまう時間と洋服を着る時間。。。

間に合いましたがかなりギリギリでせっかくパッキングしたスーツケースの中身はぐちゃぐちゃに押し込みました。

こんなチェックあるならラウンジよらずに早目に行ったのにな。

 

おそらくですがパスポートの裏に貼られていたシールの色でチェックを受けるのかどうかが変わってくるような気がしました。確実では無いですが私の前の人はピンクのシールでチェック無し、私の後ろの人は黄色のシールでチェックありでした。

そして私も黄色のシールでチェックありです。

(もし、違っていたらごめんなさい!)

私がチェックを受けた理由は英語が話せない、質問に上手く答えられない、帰りのチケット無し、ここ最近旅行が多くスタンプが一気に増えたからじゃないかなーと勝手に思ってます。

仕事を聞かれた時にそんなに休めるのか?仕事をしてるのにスペイン語の学校に行くのか?とかも聞かれて上手く説明できなかったので、自分の語学力が恥ずかしくなりました。

英語ってほんと大切だなとしみじみ。

 

でも、出国審査で聞かれるならまだ分かるけど、チェックイン前にこんなに聞かれたのは初めてでびっくりしました。

厳しかったな。

 

やっぱり帰りのチケットが無いのはチェックの対象になる気がします。片道入国が認められていない国もあるので24時間以内ならキャンセル無料のチケットを購入しておくのも1つの手段だと思いました。

今までの出入国を思い出すと東南アジアがすごく緩く感じます。ほとんど質問されないし、荷物チェックも1度だけの所が多いです。

以前イギリスに入国するときもパスポートと顔が違うと止められたことがあったのを思い出しました。

化粧してる写真とスッピンが違いすぎたんでしょうね。笑

ヨーロッパはテロが多かったりするのでその影響もありそうです。

以上がリスボンからの出国でした!

私のように日本行きのチケットがなく期限の決まっていない旅や語学に自信のない人は余裕を持って空港に行くことをお勧めします。片道入国の場合出来ればキャンセル出来るチケットを購入しておく事が良さそうです。

Portugalカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!